【集客】教室の入会率がアップする2つの施策とは?

投稿者: | 2020年6月6日

メルマガ:2012年12月6日号
—————————————————-

冬の短期教どんな対策を練られていますか?

最近ではどのテニススクールも
この短期教室が「どっさり生徒を集める」
集客の目玉にしてる所が多いですね。

一昔前なら「無料体験レッスン」と掲げていれば
勝手に生徒さんが集まってきた時代です。

しかし今では「無料マーケティング」は一般化してしまい
見込みが薄い体験者が集まる傾向になりました。

体験レッスン者の数自体も減少していると思いますが
この数年、「見込みが薄い体験者」が多くなっている。

・無料体験の後にフォローしたが
 入会する気など最初から全くない。

・体験などの申し込みの際に
 入会するつもりはない、とハッキリ言われる。

などという事例が後を絶ちません。

それでは少し考え方を変えて
「有料のイベントを安く(無料に近く)売ろう」

ということで短期教室などの単価を下げる
スクールも増えてきています。

では、なぜ短期教室は入会率が高いのか?
というと、連続して受講するため
子供や保護者の感情が、一気に過熱する可能性が高いからと言えます。

まさに「鉄は熱いうちに打て」なのです。

クライアント先のスクールではこの
「感情が盛り上がっている間」に様々な仕掛けをしています。

あなたのお子さんが明確に上達している事を示す
メニューを取り入れたり・・

あなたのお子さんがヒーローになれる場を意図的に
設定したり・・

あなたの子供が表彰される場面を作ったり・・

様々な工夫をして、保護者に対して
「わが子が出来る姿」をきちんと披露しています。

またレッスン中に子供の眺める保護者に対しても
工夫をしています。

短期教室から入会した他のお子様のお客様の声を
集めたものを閲覧してもらったり・・

入会して、テニスを始めてこんな風になりました!
という事例を集めた資料を作ったり・・

そもそも、レッスン中にわが子の姿を見ている
親御さんは子育てに熱心である傾向が高く
子供の成長に興味がある、関心が強いお客様である
可能性が高いのです。

であれば、そのお客様は必然的に「見込みの高いお客様」
ということになるため、当然お客様が望む
「子育ての情報」などに関しては興味を示されます。

だからこそ特に見込みが濃いお客様は
感情的になっている可能性が高いので、さらに感情を高める
ような資料などを用意しておくことが効果的なのです。

昔は黙っていても入会がポツリポツリといましたが
今は積極的にアプローチしていく必要があります。

なかなか現場のコーチは営業することへの
抵抗やひっかりなどがあると思うので、やはり
資料などでフォローできるものが必要だと思います。

この冬の短期、営業は準備が8割といいますが
短期も事前準備が入会の成否の8割を決定します。

ぜひ連続受講してもらっているお客さまに

・より感情的になれるような資料と練習メニュー

・感情的になっている時にスペシャルなお得な情報

を差し込んで見て下さい。
きっといつもよりも高い入会率につながる事だと思います。

追伸

今月末、電話相談1回、メール相談3回
がセットになっているゴールド会員の期間限定で募集します。

プラチナ会員様が多く、今年1年は募集を見合わせていましたが
約1年ぶりの募集再開となります。

限定5名様の募集で、月14,800円でコンサルティングが受けることが出来ます。
退会も自由に行えますので、3カ月とか、半年などの短期間の方にもお勧めです。

またお知らせはこちらのメールでご案内いたしますので
ご興味がある方は、もうしばらくお待ちください。

コンサルティングに関する質問、お問い合わせなどは
こちらのメールにご返信ください。

ゴールド会員の詳細はこちら
⇒ http://returnbucks.net/consul.html